目の疲れ解消、眼病予防のためのさまざまな情報を提供します/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Top>目薬の使い方の注意点

目薬の使い方の注意点

・使いすぎない
口から含む薬と異なり、目薬ということで、あたかも皮膚にクリームを塗るような感覚で目薬は使ってしまいがちである。
確かに目薬は安全性は高いものではあるが、やはり使いすぎると色々と障害が出てくることもある。
特に、目薬には防腐剤が含まれていることには要注意である。主に使われているのが塩化ベンザルコニウムであり、ほとんどの目薬に使われていると言われている。
塩化ベンザルコニウムは角膜上皮障害を引き起こす原因となることが知られている。

防腐剤を含まない目薬もあることはある。頻繁に使うかたは、そういう防腐剤を含まないものを選んだほうが無難であるが、但し、値段はやや高くなる。

・目薬にも副作用がある
目薬に使われている防腐剤として使われている塩化ベンザルコニウムは角膜上皮を引き起こす原因となることは先にも述べたとおりである。
また、目薬でアレルギーを起こすこともある。
目薬に使われている塩化リゾチームという成分は
・抜本的な解決にはならない
・コラム
・用語
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008