目の疲れ解消、眼病予防のためのさまざまな情報を提供します/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Top>菊の花

甘菊花(菊の花)

◆菊の花の目に対する効能

漢方では、目と肝臓がつながっているとの考えから、肝臓の機能をよくすることにより目の機能をよくすることを考慮する。

そういう考え方のもとで、目の機能回復としてよく使われるものの一つが菊の花である。

中国では菊の花は、腎臓、肝臓、肺を強くすると考えられている。

中国では菊は食材というより薬草として漢方薬の原料として用いられる。
菊の入った漢方薬は、眼の病気に用いられる。

また菊花茶は血流改善や視力回復の作用、ドライアイ解消、疲れ目解消効果があり、緑内障にも有効とも言われる。

菊の花には、花が白い甘菊(かんぎく)と黄色いものがある。

甘菊花は、目の熱っぽさや充血を取り去り、視力を回復させてくれる働きがあるとも言われている。

黄色い菊の花は目の滋養によいとされる。
◆菊の花の摂取方法
菊の花を食するのには、次のような方法がある。

・おひたしにして食べる
・お吸い物に菊の花を浮かべて食べる
・煎じて飲む
・漢方薬として販売されている甘菊花を飲む

菊の花はおひたしにして食べると大変おいしいが、菊を栽培している方や、菊の花を手軽に入手できる立場にある方以外は、ドラッグストアやお茶専門店などで売っている菊花茶や、漢方のお店で売っている菊花や甘菊花を購入することになるだろう。
・コラム
・用語
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典究 All Rights Reserved 2008