目の疲れ解消、眼病予防のためのさまざまな情報を提供します/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Top>気になる目の症状/白目が黄色い

気になる目の症状

◆白目が黄色い

白目が黄色くなるものであり、黄疸(おうだん)と呼ばれる。

黄疸は肝機能の低下をあらわす症状とされている。

黄疸は血液の中に胆汁が多く流出するために起こるものである。胆汁は黄緑色の液体で、肝臓から分泌されて胆嚢に貯蔵されている。

胆嚢や肝臓の働きがうまくいかずに胆汁が滞ったり、肝臓から胆管を経て胆嚢に送る際に漏れてしまうと、血液に胆汁が入り込み、白目が黄色くなるのである。

この黄疸にはシジミが特効薬と昔から言われている。シジミには肝臓をいたわる働きがあると言われている。肝臓は目と関係の深い臓器である。
・コラム
・用語
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008