網膜剥離/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Top>網膜剥離

網膜剥離

◆網膜剥離とは

網膜とは眼球壁のもっとも内側の膜で、人間の目をカメラに例えたとき、フィルムに相当するものが網膜である。厚さ約0.1〜O.4ミリの薄い膜である。

眼球の中は硝子体というゼリー状の物質で満たされているが、その硝子体が老化していくと、網膜とくっついていた部分が水晶体のほうへ移動していく。このときに、網膜が破れて穴が空き、その穴から硝子体の水分が入って網膜が剥離してしまうことがある。これを網膜剥離という。
◆網膜剥離の原因

◆網膜剥離の治療法
以前は、網膜剥離は失明をもたらしかねない恐ろしい病気であったが、現在では技術が進歩して失明を免れるようになった。

かつては、網膜剥離が起きた場合、目の外側から手術するしか方法がなかった。
硝子体は眼球の内部に満ちているゲル状の組織で、ひっぱると網膜がくっついてくるため、目の外側から網膜の治療を行うためには、薄居デリケートな網膜を傷つけないように、うまく硝子体を処置しなければならなかった。

しかし今では硝子体手術が編み出されたお陰で、網膜の重篤な病気(増殖性硝子体網膜症や増殖糖尿病網膜症など)にかかっても、失明を免れるようになった。
◆網膜剥離の予防・改善について
・コラム
・用語
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008