眼瞼縁炎(がんけんえんえん)/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Top>眼瞼縁炎(がんけんえんえん)

眼瞼縁炎(がんけんえんえん)

◆眼瞼縁炎とは

まぶた及び眼瞼皮膚の炎症の一種である。

眼瞼皮膚炎(ただれ目)とも言う。

まぶたの縁が赤くなり、かゆみ、痛みが発生する。
◆眼瞼縁炎の原因
まつげの根部の炎症で、細菌感染や色々な刺激、アレルギー体質などが原因となる。
◆眼瞼縁炎の治療について
患部にステロイド軟膏の塗布、ビタミン剤の内服が一般的である。
◆眼瞼縁炎の漢方薬を使った治療について
以下のものがよく使われる。

越婢加じゅつ湯(えっぴかじゅつとう)
温清飲(うんせいいん)
十味敗毒湯(じゅうみはいどくよう)
消風散(しょうふうさん)
駆瘀血剤(くおけつざい)
し子柏皮湯(ししはくひとう)

・コラム
・用語
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008