目の疲れ解消、眼病予防のためのさまざまな情報を提供します/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Top>アンチエイジングの知識で目の健康維持を

アンチエイジングの知識で目の健康維持を

◆アンチエイジングの必要性
目の疲れ目(眼精疲労)対策、目の健康法にはさまざまなものがある。

このサイトでも、ルティンやブルーベリーを飲むといったものから、目を温めるもの、運動の効能といったさまざまなものを紹介してきた。

しかし、これだけやっていればすべてOKというものは残念ながら、なかなかない。いつくもを組み合わせ、そしてかろうじて、目の健康を維持できるという類いである。

そもそも、よくよく考えれば、若いときには目は誰しもが健康である。10代で疲れ目であるとか、眼病を患うと言うことは希である。ほとんどは、加齢といった老化現象とともに、目が疲れ、そしてさまざまな眼病を発病する。
目の様々な病気ーその他の病気に関しても言えることであるがーも、直接的な原因はさまざまであろうが、その底流には、”老化、加齢”というものが横たわっている。

となれば、目の健康維持にとっても、抗加齢、いわゆるアンチエイジング対策が有用であることは間違いない。

現在、アンチエイジングは急速にその研究が進んでいる。この手の先進国であるアメリカにおいては、特に、さまざまな研究が行われ、サプリメントの開発も進んでいる。

いつまでも、健康な目でいたいと願う方には、アンチエイジングという視点も、これからは見落とすことが出来ない一分野になると思われる。
◆注目されているアンチエイジングの方法について
アンチエイジングの研究はさまざまな角度から勧められている。

その一つは、老化がホルモンの分泌の低下によりもたらされるという仮定のもとで行われるホルモン補充治療である。
これはホルモンが加齢と共に現象する原因は不明ではあるが、ホルモンが減少することによる老化現象を食い止めるために人工的に天然ホルモンを補充しようというものである。

具体的には、ホルモン増強剤を摂ることになるが、すでにアメリカにおいては、DHEAやメラトニン、hGHが製品化され、人気を博している。

1990年にウィスコンシン大学のダニエル・ルドマン博士がhGHを61歳から89歳までの健康な男性を対象に使用して実験を行ったところ、被験者の多くが皮膚が若返ったり、髪の毛が生えてきたり、衰えてきた視力が回復したとのことである。

日本においても、これらをサプリメントにしたものは、輸入商品を扱うサイトで購入できる。但し、まだこうしたものの研究は開拓途上であるため、過度な使用を避けることが無難かもしれない。

次に二つ目として、老化の原因はフリーラジカルによるものという仮定のもとで、老化防止のため、積極的に抗酸化物質を摂ろうというものである。
これについては、このサイトでも抗酸化作用のあるものとして紹介した、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを積極的に摂ること、また、フリーラジカルを撃退する身体の防御機能であるスーパーオキサイドを増やす作用があると言われるマンガンや亜鉛を積極的に取り入れることが有用である。

その他にも抗酸化作用のある食事をたくさん紹介してきたので、それらを参考にしてもらえいたいと思う。

そして三つ目としては、カロリーの摂りすぎが老化を促進させるという仮定のもと、カロリー制限により老化の促進を緩やかにしようというものである。
これは、サプリメントもなにも必要なく、誰もがどこでも、費用をかけることなくできるという点で優れている。肥満予防にもなり、最もお勧めしたい方法である。
・コラム
・用語
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008