ニンジンジュースの効果/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Top>コラム>ニンジンジュースの効果

ニンジンジュースの効果

ニンジンの目の疲れに与える効果はこのサイトでも紹介済みである。

ニンジンジュースが目の疲れや視力の回復にどれぐらいの効果を持つか、今年(H26年)に入り、毎日飲んで実験している。
私はもともと相当な疲れ目の持ち主で、一時期はパソコンもできない、本も読めない、テレビも見れないというほどひどかった。
たかだか疲れ目ではないかと疲れ目と無縁の方は思うかもしれないが、疲れ目は大変辛い症状である。
頻繁に目の奥がじんじんと痛く、夜も眠れない日が週に2回から3回も続く。一度なると一日では治らない。やりたいパソコンもできない、パソコンを使う仕事もできない。そんな状態で日々、絶望していた、
病院の眼科で相談しても、ほとんど相手にされない。
そんな中で、現在は食べ物に注意することでいようやくあまり疲れ目は以前ほど苦にならないようになった。
但し、パソコンに関しては通常の画面で見ると、やはりすぐに目が痛くなる。そこでなんとか、この「眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典」でも紹介している「パソコンから目を守るーウインドウズ7+LED液晶」の方法でパソコンもなんとかこなしている。
色々やってみたが、どうしてもパソコンに強い目を作ることには成功していない。

疲れ目に関してはだいぶんよくなってきた私の目であるが、最近、視力の低下に困っている。私の目は右も左もPRK(レーシックが普及する前の近視手術)をやっているが、やはり徐々に視力が衰えてくる。それも不思議なことに見えるときは見えるが、見えないときは見えないという変化がとても激しいのである。
また、左目に比べて右目が相当悪いということである。手術前は両目とも同じ視力であったが、手術後に左右アンバランスになった。
ただそんな右目でも朝起きたときはよく見えるのである。またお風呂上がりやちょっとした機会によく見える。0.1ぐらいから1.0ぐらいは一日の上でもいったりきたりするのである。(一日のうち、9割ぐらいは0.1であるが)
それと朝起きたときは近くが両目とも全然見えない。本の字が読めないのである。現在49歳であるが、早くも老眼になったかと困っている。

なんとか視力を回復し老眼を治す方法はないか?
それで今年になって始めたのが、ニンジンジュースをひたすら毎日飲むことである。
現在、ほぼ毎日、ニンジン半分とトマトジュースをミキサーでかけてニンジンジュースを飲んでいる。

ニンジンジュースを飲み始めて3ヶ月が経過した現時点での感想であるが、確かに目の疲れの予防には効果があるように感じている。

ただ、効果はあるようであるが、はっきりと、目が楽になったという感覚はあまりもてないでいた。
そこで、ニンジン・トマトジュースに更にリンゴを加えてみた。
リンゴを加えることで、ビタミン・ミネラルがパーフェクトになると本に書かれていたからである。
その結果がであるが、これは明らかに効果がわかった。
たぶん、このサイトで紹介してきた中で、ベストの方法であるとの自覚を得た。
私は、週末には車で長距離を走ることが多い。
時間にして6時間程度、半分以上は高速で、距離は400キロを一日で走る。
すると、身体も疲れるが、目が疲れて痛くなる。場合によっては、その回復に数日を要するほどである。
長時間の車の運転で目が疲れない方法はないか?
それが長年の私の悩みであった。

ニンジンジュースでも、そのことを期待して実験をしていた訳であるが、少しはいいようであるが、やはり目が疲れることは解消しなかった。
やはり、長距離運転で目が疲れない方法はないのだろうかと思っていた矢先、リンゴを加えたニンジンジュースを飲んで、驚いた。
全然、目が疲れなかったのだ。
通常は、長距離運転をした跡は、パソコンなんてとてもできなかったが、それも普通にできる。
今では、ニンジン・リンゴジュースこそ、疲れ目予防の最強の食品であるとの確信している。

ニンジンジュースを飲んで、視力の回復や老眼の解消には効果は今のところ感じられない。視力の回復や老眼の解消はやはりお風呂やサウナの方が効果があるようである。
ただ、まだ飲み始めて数ヶ月ということと、リンゴを加えずにずっと飲んでいたので、リンゴを加えるとまた違った効果が出るのかもしれない。
(いかんせん、リンゴは値段が高い!)

「目が劇的によくなる最強事典」(まきの出版)には、ニンジンジュースを35年間毎日飲んでいるという石原結實氏は65歳を過ぎた今でも、老眼知らずであると紹介されている。
石原氏は、毎日、ニンジン二本とリンゴ一個ジューサーにかけて飲んでいるとのこと。
その際には皮は剥かず、リンゴは種もそのままジューサーにかけるという。
これだけ長期に渡ってニンジンジュースを飲むと、老眼予防にも効果があるのかもしれない。

他にも、ニンジンジュースの意外な効果を知った。

一つは”舌の割れ”である。
私は10年程前から、舌が割れて、やや乾燥したような違和感に困っていた。色々調べてみたら、地図状舌と呼ばれるものであることもわかった。
原因はストレスとか栄養状態の偏りとのことらしいが、こればかりは一向に改善する気配がなかった。
しかし、ニンジンジュースを飲み始めてから、以前ほりも症状が和らいだようである。
ただ、完治には至っていないので、ニンジンジュースで舌の割れが完全に治る訳ではないようである。

そして、ニンジンジュースのもう一つの効果が、EDの解消である。
私は一、二年前からEDの傾向が出始めた。元々、若いときからその傾向はあったが、ここ数年、明らかに勃起しにくく、勃起してもすぐに萎えてしまう。
昨年には彼女もできたのに、これでは嫌われてしまうと病院でバイアグラを処方してもらっていたが、バイアグラを飲むと、頭痛がする、胸がやや苦しくなる、といった症状が起きる。
しかも目には決してよくない印象も受けた。
最近は、バイアグラ以外にもED薬にはシアリスやレビトラといったものもあるが、これらは黄斑変性症の方は使用禁止であるから使えないし、友人からもらったレビトラも試してみたがやはり頭痛がする。
値段も高い。私が購入したバイアグラは1粒2000円である。
しかも病院でバイアグラが欲しいと受付でいうと、受付の女性達に笑われ、医師の診察でも医師ににやにやと笑われ、最初は血液検査やら心電図やら男性ホルモンの量の検査をされ、二回目の診察ででやっとバイアグラを入手した。

彼女に嫌われまいと、そうやってやっと入手した10錠のバイアグラであるが、それも2ヶ月で無くなり、あの時の屈辱と費用を考えると病院に行く勇気が失せていたのであるが、その時出合ったのがニンジンジュースである。

ニンジンジュースを飲むと、バイアグラほどの劇的な効果はないが、明らかに違うことがわかる。
これは目の疲れ解消や舌の割れ以上にはっきりとわかるニンジンジュースの効果である。

飲み方としては前日の夜の寝る前に飲めば、翌日でも効果は持続している感じである。
但し、やはり当日の朝に飲んだ方が望ましい。
また量はニンジン半分でも効果があるが、一本飲んだ方が効果も強く感じる。

更に、ニンジンジュースは便秘の解消にもきく。(中には下痢を起こす方もいるが)
飲んで半日もすると、便意を催してくる。

ただ何でもそうだが、最初の内は効果は強く出るが、何故だかわからないが、続けていくと効果が薄れていくようだ。

週刊誌に、ED解消として「ニンジン5時間、山芋(やまいも)やたら」という言葉が紹介されていたが、ニンジンに関しては確実にEDに効果があるのは間違いないようである。
EDに困っている方は是非、試してもらいたいと思う。
・コラム
・用語辞典
・参考文献
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008